夜の静かな命のうたに聞き惚れる

安らぎはこの時のためにあるの

粛々とただ粛々と重なり合う声

楽器は身体との共鳴者を呼び

測らず守るべき喜びを得る