心には、こういう自然があり偶然なのか必然か時より今のぼくの真実が現れます。この愛しさを分けあいたい。それが出来れば後はなにもいらない。