よいかどうかなどわかりはしない。すべてにおいてほんとは心はいつも僕に話しかけてくれてた。ポールの唄聴きながらリラックスってとこと感情の針は別のエンジンだと知る。モード1で緊張を解放する曲あれば、山つくって感情動かされてる。構成って言葉に理知の尊さあったけど、うーん実はポールってそんなに理詰めな人ではないのかな。目線が近い…けれどズバ抜けてよかーメロディーつくんさっとこのヤバかね。抑揚の付け方がベタってなってても次の瞬間えいっとクールなフレーズくる。最高!且つスウィートラヴァーなところとか、あれって終えるとか楽しいです。ポールマッカートニーの世界。