いろんな人たちが訪れる神社。大安晴天の神社はやはりとても心地よい。境内でのそれぞれの人たちの思い参拝していて感じることがある。車椅子でいらっしゃってる方や病気が治りますようにという願いもある。多分よかったり、そうじゃないから神社に行くという人もいらっしゃっるだろう。参拝って言葉でなくなってきている。ただ目を瞑る。作法通りに拍手する。つながりは意識をこえなければいけないと力んではいけない。ただそこに存在するであろう神さまと会話する。そして呼ばれてることに感謝しています。