いろんな思い出とともに生きていくことは感情を置き去りにする時もあるけど、例えば好きだった音楽があの頃に蘇りを与えてくれるのなら、少し、ずしんと響く音と波打つメロディーにハートが燻られる。みんな思考より深く忘れることはない大事なものを背負って生きているのだろうか。声に荒ぶれる魂と生き残る優しさあればいい。片側通行の街路樹に少しの光差し込め光。ギターのカッティングが旗を揺らすなら、サングラスが星に刻まれていく。明け方まで歌う魂に希望を。クマシロ眼鏡本日も月に見放されんよに絶賛営業中です。