何度行っても、文字を文章をこのブログすらもきちんと繋げたくない人がいるようです。インスタのアドレスひとつずらしってのいつまで続けるのだろうか。大事なことは本当に大切なことはノートにしか書けなくなってしまう。今日の長文ぐっときたよ。本当にそういうこと書けることって今じゃほとんどいなくなってしまった。素敵かどうかは前作や今回の作品、来作とか関係なくて、あなたがつくるものが素敵な訳で…理屈ではなく心ゆさぶられることが今いろんなことにつなげようとするのです。カテゴライズがまーったくぼくには出来ないのでただ良いものはよいし、好きになってしまえばそこから長〜い旅路を進むしかない。例え接続出来なくても文字は生まれた瞬間に宇宙が拾ってくれている。それがね、おそらく光なんていうものに変わっていくと信じたい。
身内がお金の話の時に1番よい笑顔みせてくれることがなんだかとてもつまらなくて、悲しくて、そりゃあお金なきゃ難しい問題たくさんあるけど…そうけれどね、それってぼくにとっては死だと思う。眼鏡店152年やってきた意味なんか死ぬまでわからんのですが、お客様とのつながりは眼鏡だけではなくて、それでもメガネが主役になったり脇役だったりエキストラになったりとなにものでもないからこそ不自由なリンゴが生まれると思います。LOVEって爺さんしめに使ったのは今は重たくのしかかっています。自粛ばかりで何かを殺そうとするのなら、今ここに来てメガネ買ってくださいませ…アーメン