生きるも死ぬも自分の命。生は平等でないかもしれないですが、死は誰にも平等に訪れる。シェール石油が難しくなるからいろんなものが動いているとしたら、やはり世界はつながっていたのだと考えます。父はすい臓癌で命を失ってしまった。病院での闘病生活は今思い出してみると悪いことばかりではなかった。それはあくまで息子としての思い。本人は死ぬことは怖くはない。真顔でぼくに話してくれた。ただ好きな人たちと会えなくなることが寂しいと話していた。そのことは重い一言となりぼくの死生観になってる。じわじわと蝕まれていく命にうろたえ毎晩バケツを持って背中をさすっていたことは案外恐ろしいものではない。そういう状態でも一緒に聴いたストレイキャッツの最高な演奏を共有したことの方が心に魂に刻まれてる。