鼓動の源に寒さが通り過ぎていき、近くて遠い声はいつものように光与えてくれる。風は吹いてくるまえから、驚きを隠せずに、コンクリートの刻印に時を投げかけてみせた。覚悟は大なり小なり訪れたから、いつでも音が安らいでいたAORの夕暮れみたい。幽幻の魅惑に生身の新緑が頷く。こういう時はサングラスきっと活躍することでしょう