これだけいろんなことがある変化に街ゆく人々の御顔はやっぱり冴えてはいない。それでも元気出して行こうってなるのか、今は仕方ないと諦めるのかは、結局は自分次第である。サービスに関わる仕事でもある眼鏡店。訪れた方には今こそ朗らかに笑顔でと思います。自分の良かれと思っての行動が誰かを傷つけてしまうことに南無阿弥陀です。明日も良き事が皆様に訪れますように。