雨音は時より切なくて悲しみすらも癒してくれる。これが何からの雨なのかという響きはいつも考えてきた。何かにとらわれることもそこから自由でもどちらも朝起きて青がくすむ空の色は美しい。きっと誰かがっていう想像あることはこれからも続いていく。生の世界の物語なくして境界線はみえてこない。あの日みた青い影の側に滴る水滴。静かな朝の始まり。