上部に彷徨うために違い冒険になってるのではなく、会話だけが伝達ブログだけが説明生きることが勇気って当然割り切れるわけなどないのに、レベルや段階を設けられのなら、断層は意味を持たないのではと降りてきました。理由には理屈はなくあくまで理由などであり、神代眼鏡歴史と戦ってまでは失ってしまっては成仏出来ない何かと帳尻は合わせられない。影というものは光あってこそ陰影なるのだから、影を色濃くしようとするのなら、光だって強くならざるを得ないし、彩度なんか星の数だけあるってオペシャンブシになるのではないだろうか。ネット光になるのであれば影での才能ある人たちが前へ出てきてペンネームではなく、鳥が気持ちよく囀ることが出来るようになってほしいです。葉隠って発想の本質には隠れた隠れないでいることがあると考えています。日は登ることから始まり沈むことから始まってはいない。亡き父が最後に描いてくれた絵が見えないところからそう色を放っています。アイウェアチェンジザワールドに願いを込めてこの国が本当に属国でなくなることに希望を持っていたい。あっ個人的には帰佐した時に起きてしまった悲しき第三セクターだけは許せない。責任の所在ないままの未来へのビジョンに関わってしまえば
きっと取り戻せない時になってしまう。祈ることは生きること。でも新幹線は佐賀にはいらないと考えてます。そして特急列車がこれからも日常を日常として生活出来るための鍵になると思います。再度念を押したい。第三セクターは街を町をまちを不幸にする。