本当のことって誰しも話しづらい。今ここで僕が感じてる本当のことを話してしまえば、ひっくり返って驚く人いるだろうし、誰かを傷つけて、誰かに憎まれたり、様々な感情の渦が飛んでくるわけで、だからこそいつしか本当のことを封印してしまった。印を結びなさいと上海、オーストリア、台湾、イングランドとお客様のようで007なのか何なのかって雰囲気で逢いに来てくれた。あるキリスト教の幹部にも何人と出会ってきた。怪しい…本当にめちゃくちゃ怪しい人たちに妙に励まされという可笑しさなのに誰にも言えずに眼鏡店店主として存在している。宗教って人間が避けれないところ。商売に携わってる人はあまり宗教と政治の話はしちゃいけないと言われてきたけど、ねえ?これって本当やろか?僕は思う。ここが一番話さなきゃいけないのではないでしょうか?そうじゃなきゃいつのまにかの不自由を被ってしまう。なになに問題…なになに学園…こういうスキャンダルは表裏一体であり、だからって単純にそれだけじゃ割り切れない物語があるわけで、誰にだってこのドラマの出演者になってしまう。そして大袈裟に捉えられると誰にでも犯人になるって可能性あるんでしょうね。あなたが語ってるように。みな不自由のなかに自由を探し続けてる。みな今日も感情との対比でお天道様に祈りをあげてる。明日も良き日となりますように。時間が愛の運び屋になりますように。LOVE