若い男の子がラップを自由に歌っていた。木の下遠慮ぎみに歌っていた。まわりのことを考えラジカセの音はボリュームを絞って楽しそうに時を言葉で迎えていたのでしょう。いつか彼らがライブハウスでステージで歌えたらいいですね。踊りたくなった。ダンスしたくなった。眼鏡店に来ていただきメガネやサングラス購入していただくお客様秋にかけてちょっとずつ増えてきました。若い世代に、ご高齢のお客様にとって明日も良きアイウェア届けることができますように。願いや祈りと踊りや神様がどこかでつながっていますよに。LOVE