小説を書きたくなる。タイトルはこれがしっきりくるかな。すべての職業の中で古くから生き残ってきた娼婦。関わりのあるすべての愛を悲しみに変えてもひとりの愛には届かないのだろうか?身体だけだと割り切ればよいのだろうか?SEXについての価値観というより政治が絡んでる世界。感情すら奪おうとする青い影。赤いコーヒーと撓むる悲しみのバタフライ。