感情がどうのこうのというより、失った愛への取り戻せない場所への脊梁が本当はものすごいのに平静を保とうとするためには音楽の力を借りなければいけない訳で、素直にそのようにしてる夜。時であれ十字架であれ比べるようなことじゃなく、いいなあってメロディーだったり、ギターの旋律だったり、心のいちばん心に声をはこんでくれるような青葉さんの歌はすごく心地よくて、やたぱりワインがすすみます。そこそこいいテレビでyoutubeですが光をムードと呼べるような陰の使い方に映える色の美しさにいつまでも聴いていたいなって思います。こんな書いてたら無言電話かかってきてより神秘増す世界。こんな音楽をそばで聞けたらいいですね。Live行きたいって思い行けずタイミング合わなかったけど行きたいです。青葉市子さんのLive。声ってすごいですね。理由はまだわからないけど声に隠されてる秘密を問うていきたい。LOVE