まず、実名で、ここに文章を綴って行くことをお二人に最初に侘びをいれてから、お二人について感謝を述べたいと思います。私事で申し訳ありませんが、本当に言葉じゃなきゃ伝えきれんかなと考え、この瞬間を迎えています。親父も、祖父も、ほんとうにおふたりの事は、よく聞かされてきたもので。今日おふたりが並んで話してるのを聞いて、なんだか、とてもうれしくなりました。久しぶりに、浮世な会話をなつかしく拝聴出来ました。
眼鏡店blogなのに、こんな感じですみません。山﨑さんは親父が亡くなる前に、一緒に温泉へと連れて行っていただいた御恩、そして絵画を通じての会、三日会を支えてきてくれ感謝しております。本当に心より厚く御礼申し上げます。
中村さんは、祖父が福岡に飲みに行く時、親父も含め一緒に遊んでもらい、有り難く感じております。今日初めて聞かせてくれた、柔道の山下泰裕さんとの中洲での交流、若貴兄弟が幼い頃の藤島親方との食事や西鉄ライオンズの中西さん稲尾さん仰木さんなどとの飲み会、永尾さん、栗山現監督とのお話などの人脈があったとのお話、僕が知らない世界を語ってくれて楽しかったです。

今日は佐賀信用金庫に土耕彩の絵画を飾っていただけることになりました。おふたりの存在無くして、土耕彩の魂続く絵画の存在は無かったと思っております。
三日会、ならびに佐賀信用金庫さま、取材していただいた佐賀新聞社様、これまで絵画を熱く応援していただいている全ての方々に、ありがとうございました。

LOVE