結局人は自分が一番かわいい。決して悪いことではない。新型コロナで飲みにも行けず、踊りにも行けない。マスクしてクラブ行ったって何も楽しくない。これは予想ですが、コロナって、誰にでもなることあるわけで、コロナに関わらず病気はいつやってくるかわからない。精神の病もそうでしょうが、比べるものではないけど、世の中には身体の自由を奪われても、逞しく想像の限りで生きてる人たちいるのだし、もう一度自分を見つめ直すことをしなければと思ってます。あっ予想とは違う話になりましたが、全力でひとつのこと、ひとりの人、ひとつの愛すら守ることがまだまだ出来ない僕は暫くは己を磨くことをもっと厳しく生きていきたい。バブルがはじけて30年くらい、マネーゲームの中で世界が動き、強欲は地球を破壊し、化学は自然を脅して、テクノロジーは権利の縮図を構築する世界。
そこで踊ってるのではなく、踊らされたままのコミュニティーを作ってしまった。孤独が孤独を呼び、寂しさを埋め合わせようとしても本当の愛は見つからないのでしょう。とことんまで、自分だけの世界を持つことは今素敵なことだと考えてます。僕自身自分が一番変わったことは、いつのまにか競走させられてる友人たちとの関係に疲れたことです。それでも合えば表情を感じながら話せる人は何人かいて、とてもありがたく思ってます。神代の看板に来ていただいてるお客様には本当に感謝しかありません。看板って背負ってこそ価値がある。赤に白字の看板は決してスタイリッシュではありませんが、この元に長年のお付き合いをしていただいてる方、新しく来ていただいている方、すべての方々によい眼鏡をご紹介し続けるには、まずは己をな何かから解放するしかない。誰が何と思われてもまずは自分の表現あってこそ、クマシロ眼鏡だと実感してます。よき眼鏡を作ってる、関わってるすべてのみなさまのためになるには、自分の表現から生まれてくる宇宙を神秘だとも思ってます。本気です。LOVE