不動心とは何だろうか。まずは心ってどこにあるのだろう。心は音楽と大宇宙が土に帰ってまでの未確認飛行物体だと思う。本気で願わなきゃ現れないUFOは線上にいてはならない。空間とは実は心よりのイマジネーションから生まれるのではなかろうか。リピートするビートには呼びかけてくれる信号あるし、メロディーは感受する魂が静かである必要がある。高揚からでは一時的にしかビートオンしないし、ノリやグルーヴには一番静かで動かない心が味方になる。そして、いい感じに己が消えれば違う何かが現れてくるのでしょう。お釈迦様は宇宙とともにあるのか?それとも宇宙を形成する別世界に存在するのか?上に上にと世界を広げるように、裸足で土を感じるのならもっと地球の中へと生命の新しい場があるのだろう。踊り出す時に出てくるステップは交信。地下との魂あるメッセージのやりとり。上と下のつながりを身体で感じていけば、きっと誰れだって違う世界をみれるのだ。身体ではない魂にもっとふれたい。命が燃え続けるかぎりはすべての生命はなにかを救い何かを憂いなにかに怯えなにかとともに生きる。すこしでも恐怖訪れたら、生きてるって感じよう。あなたのちょっとの心遣いにに救われてます。ありがとうございます。心より感謝です。LOVE