愛すると言っても、無償の愛に到達するには、誰かを犠牲にしてしまうのでしょう。思うがままに生きることは生物の初期衝動として残っている。何かを為そうとして失敗しても、生きてる限り命あるかぎり、いつまでもなそうとする努力は気持ちつづくのなら年齢を越えていける。ずっと気づいていたことがある。SNS含めた投稿するときの言葉について。LINE、メールなどは上に流れていき、消えて行く。残していてもそこに残っている文字は書き文字とはニュアンスが違う。ノートや手帳替わりにって使ってた時あったけど、いつからかインターネット世界のわびしさを置き去りにしてしまった。言葉って音色をもって文字形成してるのが自然である。肝に命じたい。家族が家族であるために決断の連続がきて、宇宙のメッセージが聴こえるようにもっと孤独である生き方を肯定する人々が増えてほしい。自然に触れる本当の歌に触れると感受性は揺れる。受ける感覚が違う波長を嫌になってしまう事が増えることもあるでしょうが、心不動に何かの表現としてあげたがいい。気持ちよく手を合わせて御先祖に祈る。心開放して神棚に祈る。今はこのあたりまえをしっかりと伝えていきたい。神社にお参りするといつも上機嫌でいれます。LOVE