今日で8月が終わる。個人的にも何かしらが終わりました。令和3年の夏もそろそろ終わりを迎える。勘ですが、コロナウィルスも終焉へと向かっていってる気がします。善も悪も宇宙との関わりに左右されるって感じてます。疫病は世界中の命を奪ってきた。今も苦しんでる方々がおられる。本当に早い感染者減と重症患者の回復を切に願います。感情って情緒に左右されるものですが、不思議と世の不正を感じすぎて、感情を自分で殺す術を身に付けました。このことがどうかなんてわかりませんが、元々持っていた過去へのノスタルジーのような感覚は失われつつあります。パラリンピックアスリートのよな生きる力強い哲学すらも備わった方々、もしくは生きることから好きな表現にかける情熱の凄みには頭が上がらないですが。本当に勇気を与えていただいてます。眼鏡店主として、盲目の方、視力が出にくい方々がそれぞれの競技をする姿の迫力に圧倒されました。当然あらゆる障がいをものともせずにスポーツに打ち込まれてきた魂に心揺さぶられました。簡単に気持ちいいって言葉すら自分自身の行動すら否定へと向かってます。祖父が綴ってた言葉に獣性への嫌悪があったのですが、いまこの年になって心へ響きます。オリンピックもそうですが、本当に心技体備わったアスリートの美しさは冷たい氷の上を歩いてるよな美しさがある。格闘家の方々にもそれを感じています。こうやって言葉綴っていきながら、僕自身も僕を少しでも好いてくれた愛してくれた方々の未来を彗星のように導ける僕にしかないもので、少しずつほんとにちょっとずつあなたの光になりますよに。LOVE