令和三年九月五日。朝、神代眼鏡に着くといつものよに、掃除をし、大安なので八幡神社、佐喜神社へ。八幡神社に近づくと太鼓の音が聞こえてきました。神主江頭さんの太鼓は心地良い。基本二礼ニ拍手し、あわせた手を厳密に言えば5本指と手のひらを柔らかくあわせる。あわせた手静かに胸元につける。祈りは目を瞑り心で社に呼吸をあわせていく。そして佐喜神社に向かう。佐喜神社同じようにお参りする。神社とは祈り。日日の日常。帰ってきて眼鏡にも、祈りとどいていればいい。今日もいい日になりますよに。