午前中にお世話になってるお客さまの度数を整えて、昼食はお弁当。そぼろ弁当を美味しく頂きました。すると阿蘇山噴火のニュースが入り、アナウンサーの声色から緊張が伝わってきました。いつもそうですが、何かあると神頼みの僕は大安でもあり日もよいので、佐喜神社、八幡神社と御参りへ。やはり子供の頃から守ってくださってる神社。鳥居をくぐり、境内へ入ると不思議と声が聴こえてくるのです。当然、阿蘇山の鎮静へと手を合わせました。大丈夫のよです。むしろこの小規模噴火の前が何か嫌な予感してましたが、恐らく調整のための噴火。のよに伝わってきました。人間でも山でも大自然でも時に怒りの感情は込み上げてくる。ここが実は何かの繋がりがあるよな気がしでます。久しぶりに聴こえてきた青葉市子さんの守り哥。昨夜、夜通しで聞き、朝もなぜか聴いていた。Instagramを通じてですが、呼んでくれました。ありがとうございます。そして、ブログ、HOMEページを提供してくれてる健児くんありがとう。ひとつの気づきがあります。太陽神と仏陀の関係。神さまと仏さま。そして出雲大社に纏わる物語。こういう時こそ読書ですね。晩夏につづれた文章が秋深まりにすこしでも不自由を感じてる環境のなかで差し込む光で未来耀かせますよに。LOVE