日本で政治の話をすることことご商売をしている人びとにとってタブーであると、ご商売してきた諸先輩方々に言われてきた。???そしてこのことで関係があまり良くない方向に進んだりすると…???僕は思う。政治のことを互いに話合ったりしても、まったく違ってても当然なことであるし、例えば食べ物に好き嫌いがあるよに自然なこと。これで争ってしまい何も生まないのと一緒である。違いをどう違うのかって捉えて議論を重ねてもどこまでも平行線である。コロナ禍の国難を少しずつでも乗り越えるためには、派閥の看板よりもちょっとでも重なる一ミリを積み重ねるしかないと考えています。虚しさは重ならない部分を幾重にも遠ざけること。今夜の月食の美しさをいいねって言えるよな感覚を互いに大切に月日を生きて明日の希望を待ってみたい。LOVE